« 今日は満月 | トップページ | 「夏物語」を観る »

2007年2月 4日 (日)

仕事のかけもち②

今日最後の請求書をあげてきました。
S社で仕事を始めて1年3ヶ月。
会社が今月で移転するのです。
昨年の10月に正社員の仕事が決まり、退職する予定でしたが、入金処理と請求書を出すのだけでもしてもらえると助かるとのことで、続けていました。
この仕事をするようになったきっかけは、娘の紹介でした。
正社員を探していた頃、娘の職場の元専務さんが独立されて事務員を探している、週3くらいの短期で決算の領収書の整理をお願いしたい、ということだったので、とりあえず、正社員を探しながら短期ならいいかと面接をお願いしたのでした。
面接で私は「医療事務の正社員を探しているので、長期は出来ません」と話をしましたが、娘の紹介ということで、採用していただくことになったのでした。
それからわたしのかけもち生活が始まりました。
月・火・木・金・土の午前中は眼科の医療事務。
月・火・金の午後からS社の事務。
月2~3日はK産業の事務。

S社の事務は”短期””領収書の整理”ということだったのですが、少しずつ仕事を覚え始め、「正社員の仕事が見つかるまで」いてもいいと社長が言ってくださいました。
社長は私と同じ年。
この年で独立していることはすごいことだと思います。
毎日忙しそうなのに、楽しそうに仕事をしている社長と一緒にいると、仕事をすることが私も楽しく感じて午前と午後の違いもいいかな、と思っていました。
でも1ヶ月を過ぎ、忙しい社長になかなか仕事を教えていただく時間がなく、「仕事が出来ない」自分が情けなく、”私、役に立っていますか?”と聞いた時期もありました。
たとえば私が何か間違えたりしても、社長は一度も怒ったことがありませんでした。
いつも優しく接してくださいました。
いつも前向き、考え方がプラス思考、人を大切にする、仕事に対する夢がある・・・
かけもちで仕事をすることは、家事の時間も短くなるし、効率も悪い、体力的にも精神的にもきつかったのですが、それでも続けてきたのは、「社長の人柄が良かった」からです。
仕事は確かに”お金を稼ぐ”事なのだけれど、それだけでは続かないことが沢山ありますよね。
S社は営業事務に近いものがあり、電話応対も多かったため、色々な人と電話で話しをしました。電話は顔が見えないので口調だけで”人柄”が見えてしまうところがあります。会った事もない人にこんな言われ方した・・・と思ったこともあるし、とてもていねいな応対の方もいる。話の仕方や声のトーン・・・簡単なようで難しい、言葉の使い方・・・
言い方、話し方はこれからも大切にしたい部分です。
私がずっと探していた医療事務の正社員に採用していただけることが決まり、「退職します。」と伝えた時、「良かったね!!」と喜んでくださいました。
正直キツイと思ったことが何度もありましたが、娘の紹介だったので中途半端は絶対にしたくなかった、意地もあります。
娘と同業種の仕事をしてみて、娘の大変さが少しわかり、仕事の話もよくするようになったり、娘が家事を手伝ってくれたり・・・
と、この仕事を通していろいろなことを学びました。
私がとても疲れてめいっている時、励まし続けてくれた友達もいます。
ありがとう。。。
忙しかったのがこれで少し開放される・・・
でも少し寂しくも感じています。

|

« 今日は満月 | トップページ | 「夏物語」を観る »

「仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198977/5198312

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事のかけもち②:

« 今日は満月 | トップページ | 「夏物語」を観る »